TOPページ(積水ハウスVSセキスイハイム比較一覧表)



Sponsored Link

見積書をこれから依頼される方へ

 

見積書依頼

 

見積書をまだ、どこのハウスメーカーからも取っていない方は、注文住宅の相場がわからない状態。

 

予算内で建てられるのかどうか不明確な状態は、とても不利なので、いち早くGETしちゃいましょう。

 

相場が分からないと、資金計画が建てられないし、せっかくいい感じのハウスメーカーと出会っても予算内に収まらず、諦めてしまうことにもなりかねません。

 

見積書は、出来るだけ多くのハウスメーカーから取っておくと、後々の交渉でとても有利になるので、オススメしたいところ。

 

同じ条件で、見積書を依頼すれば、間取りプランやハウスメーカーの特徴などが、一目瞭然なので比べやすく、自分に合ったハウスメーカーを見付けやすいんです。

 

なので、家づくりを思いたって、何から始めようかと悩んだら、まず各ハウスメーカーから見積書を収集するところから始めると、家づくりがスムーズにいきますよ。

 

Sponsored Link

私は、最初、ハウスメーカー選びをするなら、ある程度の知識は必要と、書籍やネットで勉強してからと頑張っていましたが、チンプンカンプンで断念。

 

家づくりに素人なものですから、知識が全く頭に入らず、モチベーションもダダ下がりで、かなりの遠回りをしました。

 

やっぱり、家づくりを進めていく中でしか知識が身に付いていかないのだと実感^^

 

先に数社から間取りや見積書の依頼をしておくことで、家づくりの知識吸収量が格段にアップし、その後の家づくりも有利に進められました(*^^)v。

 

でも実際、多くのハウスメーカーから見積書をもらうのって結構大変(^_^;)。

 

というのも、一社から参考になる見積書をもらうだけでも、住宅展示場に行って営業マンと最低2回〜3回は、面談を重ねる必要があるからです。

 

 

この中で、「お仕事は、どこにお勤めですか?」

 

「年収は大体いくらぐらいですか?」と個人情報を聞き出されたり、

 

「他にもハウスメーカーさんを回られているんですか?」と、ライバル会社を探られたりと、何かと神経を使わされるんですね。

 

もう、既に交渉は始まっているような空気の中で、見積書の依頼を行うので、営業マンに抵抗を感じる方がおられるのも、分かる気がします。

 

「まだ、御社で決めるのかどうかも分からないのに、色々個人情報を聞き出されるのも嫌だし。。。」

 

「このメーカーの大体の建築費用を知りたいだけなのになぁ。」

 

など、色々スッキリしない気持ちを抱え、住宅展示場に向かう足も次第に重くなる。

 

営業マンに見積書の依頼をする前から、こんなに過敏になっている私って(ーー;)

 

 

そこで、そんな時間ばかり浪費して、煩わしい見積書の依頼を一挙に終わらせる事ができるサービスがあるのを見つけたんです。

 

これです。→タウンライフ家づくり公式サイト

 

 

スマホ 見積書依頼

このサービスの良いところは、いつでも、どこでも、パソコン、スマホから3分程度の必要事項の入力で、数社に同時に、見積書依頼ができること。

 

もちろん、無料のサービスで、営業マンに対面する事なく、こちらの要望をメールに書き込むだけで、間取りプランと見積書が、ほんの一週間程度で自宅へ送付されてきます。(優良なハウスメーカーばかりで、間取りプランや見積書の精度も高いですよ。)

 

他の資料請求サービスでありがちな、しつこい営業、しつこい電話など一切なく、あるといえば、いたずら防止の最初の電話連絡のみ。

 

住宅展示場で、営業マンと面談しながら苦労して見積書をもらってきた人にとっては、拍子抜けするほどのアッサリさにビックリされるのでは。

 

相見積もりありきのサービスなので、何社にも見積書の依頼しても気兼ねしないし、見積り結果を見て断るときも、一報入れればそれで終わり。(なんというアッサリさ)

 

その後も、しつこい営業は、一度も無かったので、家づくり初心者でも安心して利用できるサービスですよ。

 

ただ、地域によって加盟しているハウスメーカーが限られているので、多くの中からメーカーを選びたいという方にとっては、少し物足りないかも。

 

でも、一度、見積書をとってみて相場の把握をしたい、また理想の間取りプラン探しなど、家づくりを効率的に進めて行きたいという方には、とても最適なサービスです。

 

私も実際、利用してみて、とても役に立ったので気になる方は、是非試してみてもいいんじゃないかなと思います^_^

 

良かったら体験談も載せていますので、興味がある方はどうぞ参考にしてください^^

 

見積書依頼で、350万円もの大損を免れた私の体験談